2019年2月15日10-12月期GDP

2018年10~12月期国内総生産(季節調整済み)

+1.4% (年率)

+1.4% (市場予想/年率)

+0.3% (前期比)

+0.7% (年間成長率)

自然災害に伴う前期のマイナス成長から回復したが、外需の寄与度が3四半期連続のマイナスと振るわず、民間需要の反動増が支えた形だ。年間ではプラス0.7%成長と、ほぼ潜在成長率並みとなった。

前期の7─9月期は豪雨や台風、地震などの自然災害があり、北海道の発電所停止に伴う工場生産や商業施設での節電のほか、関西空港の閉鎖によるインバウンド需要減といった経済の幅広い分野が停滞し、成長率は前期比マイナス0.7%に落ち込んだ。

10─12月期は設備投資や個人消費などを中心にその反動増が現れたが、外需が足を引っ張った。全体として前期の落ち込みをカバーするほどのプラス幅にはならず、回復力は鈍いといえる。

(続く:全文はロイターニュースサイトで)

出所参照:内閣府 ロイターニュース

ロイターニュースはこちら

 

(ランダムウォーク「N」)

«
»