2019年1月16日コラム:ゲームチェンジの兆候、FRBは年内の利下げ視野=宇野大介氏

米国は年末までに利下げに追い込まれるとみている。昨年11月の中間選挙で予算の決定権を握る下院を民主党が奪取したことにより、トランプ政権は財政面からの景気テコ入れが困難になったことに加え、景気循環面からも、米国の「1人勝ち」はこれ以上持続不可能と考えるためだ。

これまで通りに物事が進まない「ゲームチェンジ」の兆候は、さまざまな場面で観察されている。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、中間選挙前に行われた昨年9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、トランプ陣営にエールを送るかのように、米国経済が「とりわけ輝かしい局面(Bright Moment)」にあると表現した。

中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)幹部が逮捕されたことによる「ファーウェイショック」を経た昨年12月19日のFOMC声明文でも、「労働市場が引き締まり続け、経済活動が力強い速度で拡大し、家計支出は力強い伸びを続けた」と述べ、相変わらず強気の経済・金融見通しを披露していた。

しかし、昨年12月以降の株価急落を受け、FRBはこれまでの強気姿勢を放棄し、急に白旗を振り始めた。

パウエル議長は10日、FRBは追加利上げの判断を忍耐強く行うことができるとの認識を示し、段階的な利上げを当面棚上げする可能性を示唆。端的に言えば、金融緩和までの「時間稼ぎ」に入ったと言えるだろう。

市場参加者の中には、ボラティリティーが低かった昨年秋までのように、米経済に対しても、市場に対しても、楽観的な見方を続ける向きがあるようだ。

だが、株価急落を受けたFRBの翻意や、メキシコ国境の壁建設を巡る米国政治の混迷をみても、現在は大きな構図が変化するタイミングに差し掛かっているとの認識を持つことが必要だ。

金融市場の反応も変わってきた。米株式市場は、これまで1日や2日大きく下げることがあっても、その後切り返して反発後、一段高となり、史上最高値を更新する地合いにあったが、今の市場にはそうした弾力性や反発力はみられない。

(続く:全文はロイターニュースサイトで)

出所:ロイターニュース

ロイターニュースはこちら

 

(ランダムウォーク「N」)

«
»