2019年1月9日ユーロ下落、欧州景気後退リスクに警戒=NY市場

終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが下落しドルが上昇した。ユーロ圏の鈍化を示す指標を受け、域内景気の後退リスクに注目が集まった。

ユーロは対ドルEUR=で0.3%安の1.1441ドル。ユーロ安を追い風に主要6通貨バスケットに対するドル指数.DXYは0.3%高の95.908となった。

昨年11月のドイツ鉱工業生産指数が、上昇予想に反して3カ月連続で低下し、経済鈍化懸念を浮き彫りにした。
(続く:全文はロイターニュースサイトで)

出所:ロイターニュース

ロイターニュースはこちら

 

 (ランダムウォーク「N」)

«
»