2018年12月5日アップル関連銘柄が下落-シーラス・ロジックの下方修正を嫌気

シーラスは最近のスマホ市場低迷を理由に売上高見通しを引き下げ

先月業績見通しを下方修正したルメンタムなども下げ

4日の米株式市場でアップルの「iPhone(アイフォーン)」向けに部品や部材を供給する主要サプライヤーの株価が下落した。半導体メーカーのシーラス・ロジックが売り上げ見通しを引き下げたことが響いた。サプライヤーによる業績予想の下方修正が相次ぎ、テクノロジー業界で最も重要な製品の一つであるアイフォーンの需要見通しを巡る懸念を浮き彫りにしている。

シーラスは一時6.3%安。同社は前日の取引終了後、「最近のスマートフォン市場の低迷」を理由に売上高の見通しを引き下げた。先月業績見通しを下方修正したルメンタム・ホールディングスも一時6.8%安、コルボは5.5%安。
(続く:全文はBloombergニュースサイトで)
出所:Bloombergニュース
Bloombergニュースはこちら
 (ランダムウォーク「N」)
«
»