2018年10月10日トランプ大統領、FRBを再び批判 「利上げペース速過ぎる」

トランプ米大統領は9日、連邦準備理事会(FRB)の利上げペースは速過ぎるとし、FRBの政策をあらためて批判した。トランプ大統領は記者団に対し「低金利を望む。FRBは必要と判断した措置を講じているが、インフレが抑制され、多くの良好な(経済)動向が示される中、現在FRBが取っている行動を好まない」とし、「現在ほど速いペースで利上げする必要はない」と語った。

さらに、経済指標は堅調な米経済情勢を示しているとし、「インフレに問題がない局面において、(経済成長を)わずかであっても減速させたくない」と述べた。

出所:ロイターニュース

ロイターニュースはこちら

 

 (ランダムウォーク「N」)

«
»